会社案内

2016年08月28日

構図は事前に


全国からユニークなグルメの屋台が所狭しと並ぶ、麻布十番納涼祭り。撮影の練習にと今日は18-55mmの望遠レンズを持って出かけましたが、あまりの混雑で立ち止まってファインダーを覗く余裕がありません。それでも限られたシャッターチャンスを狙って一枚、もう一枚。ピントはオートフォーカスが何とかしてくれるので、腕の見せ所は構図。でもこの構図が実に難しい。ファインダーを覗く前に予め自分の目で構図を決める‥、じっくりと時間をかけて被写体と向き合う場合でも、案外このプロセスが必要なのかもしれません。



IMG_6212.jpg


IMG_6210.jpg


IMG_6208.jpg





posted by silkmilk at 20:36| 雨上がりの日記/社長ブログ

2016年08月27日

AMOUR


AMOURが似合うのは長友選手よりやっぱりこの人ではないでしょうか。サントリーホールが開館するまで都内有数のクラシックの名ホールだった昭和女子大人見記念講堂で、今日は玉置浩二AMOURツアーに参戦しました。このところオーケストラをバックに歌う公演が続いていたので、久しぶりのバンドサウンドが新鮮でした。ギターは安全地帯の矢萩さん、ベースは同じく六土さん、ここに武沢さんと田中さんが入れば安全地帯になる訳ですが、バンドとしてのライブもそろそろやって欲しいものです。今日のライブで一番嬉しかったのは、ずっとライブで聴きたいと思っていた「遠泳」がセットリストに入っていたこと。この1曲で自分には100曲分くらいの値打ちがありました。一生禁酒宣言した効果なのか、58歳でキャリア最高の歌声を今なお更新中!


IMG_6205.jpg


IMG_6203.jpg






posted by silkmilk at 19:54| 雨上がりの日記/社長ブログ

2016年08月24日

ケニー・ギャレットの「赤とんぼ」

久々に管楽器奏者がリーダーのライブ@BLUE NOTE。ジャズメッセンジャーズやマイルス・デイビスのバンドなど名門で鳴らしてきたケニー・ギャレットが本日の主役。新譜からのダンスナンバーを中心にしたご機嫌なサウンドに会場は今年のブルノ体験で一番の盛り上がり︎!親日家ならではの「赤とんぼ」や「荒城の月」などの邦楽のメロディーで綴ったアンコールも素晴らしく、もう一度足を運びたくなる最高のステージでした。

IMG_6167.jpg


IMG_6179.jpg


IMG_6185.jpg






posted by silkmilk at 22:24| 雨上がりの日記/社長ブログ

古美術の技法

予定より早く仕事の打合せを終えることができたので、空いた時間を利用して根津美術館で古美術を鑑賞しました。たらしこみや溌墨、外隈、付立てなどの技法の解説を読みながら、その技法が施された部分を注視しながら作品に触れると、普段の美術鑑賞とは違った楽しい時間になりました。日本家屋から床の間が消えるに連れ、古美術が日の目を見る機会も減ってしまったのが残念です。

IMG_6141.jpg


IMG_6144.jpg


IMG_6154.jpg






posted by silkmilk at 22:12| 雨上がりの日記/社長ブログ

2016年08月22日

陸王

創業100年の暖簾を守る小さな足袋工場。融資を渋るメインバンク。経営難を打開するための新商品への挑戦。立ちはだかる大手の競合会社。池井戸潤の新作は「下町ロケット」と瓜二つの設定で、まるで水戸黄門のドラマを観るような予想通りの展開で幕を閉じます。それでも、堅牢で自然に優しいシルク素材に社の命運を賭けるというストーリーは、シルク製の健康食品と化粧品を作っている身には興味津々で、三日で一気に読み終えました。このシルク素材の特許を持っている飯山という登場人物、テレビドラマ化されたらキャストはぜひこの役者に。読み進める側から顔が浮かんだのは寺島進さん!

IMG_6115.jpg




posted by silkmilk at 22:05| 雨上がりの日記/社長ブログ

2016年08月21日

「風鈴彩祭」


小樽ガラス、有田焼、南部鉄器なと全国の様々な素材でつくられた風鈴が並ぶ「風鈴彩祭」を観に東京ミッドタウンに出かけました。縁側で蚊取り線香を焚き、スイカをかじりながら聴く涼しげな風鈴の音色。今の子供達には縁遠いものになってしまったようですが、エアコンを使わず五感で感じる涼しさは、いつまでも大切にしたいものです。


IMG_6077.jpg


IMG_6082.jpg


IMG_6088.jpg





posted by silkmilk at 21:59| 雨上がりの日記/社長ブログ

2016年08月20日

「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」


不安定な雨空で混雑が和らいでいる事を期待して「ルノワール展」@国立新美術館。会期中最後の土曜日のせいか、やっぱり後ろから背伸びして作品を観ることになりました。日本で初めて公開された「ムーラン・ド・ラ・ギャレットの舞踏会」は3回戻って鑑賞。描かれた木漏れ日の気持ちよさに外の荒れた大気も忘れます。


IMG_6023.jpg


IMG_6074.jpg


IMG_6054.jpg


IMG_6058.jpg






posted by silkmilk at 18:26| 雨上がりの日記/社長ブログ

2016年08月19日

「コンビニ人間」


Amazonから今年の芥川賞受賞作「コンビニ人間」が到着。夕飯をはさんで、あっという間の2時間で読了してしまいました。横文字や専門用語を使わず平易な言葉で説得する上手なプレゼンテーションを聞いた後のような感覚。芸人の受賞ということで話題になった「火花」より数倍おもしろく新鮮な作品でした。


IMG_6021.jpg






posted by silkmilk at 17:04| 雨上がりの日記/社長ブログ

2016年08月14日

帰省先にて

しおからとんぼに松葉ボタン、嫋やかに泳ぐ池の鯉。帰省先で過ごすお盆は東京よりゆったりと時間が流れます。

DSCF7049.jpg


DSCF7057.jpg


DSCF7063.jpg


DSCF7037.jpg





posted by silkmilk at 18:30| 雨上がりの日記/社長ブログ

2016年08月13日

狭山湖にて


お盆休みの初日、今日は35mmと60mm の単焦点レンズをバッグに入れて狭山湖に出かけてきました。人工湖ではありますが、緑に囲まれた静かな水面を眺めていると、暑さも忘れてゆったりと心が落ち着きます。時間とともに光が変わって、一粒で二度おいしい景色を楽しむことができました。


IMG_5943.jpg


IMG_5952.jpg


IMG_5954.jpg





posted by silkmilk at 18:23| 雨上がりの日記/社長ブログ

2016年08月09日

モーツァルト・シルク

シルク原糸の量産品ができあがってきました。先日も紹介させていただいたこの糸は、「生糸」に特殊加工を施し仕上げたものです。世の中に出回っているほとんどのシルク製品の原料は、この「生糸」を作る過程で出た落綿を中国で縒り直した糸ですが、見た目の美しさ、強度、シルクならではの肌ざわりや心地よさは「生糸」に勝るものはありません。この糸は「くつしたの下」という5本指靴下の原料になりますが、もうひとつ、「シルクのそよ風」という医療用の帽子もこの糸から作られています。抗がん剤治療を行った方は副作用で髪の毛が抜けてしまうので、入院・通院中はニット帽を被っています。ただでさえ辛い思いをされている患者さんに少しでも快適なかぶり心地を提供したいという思いから、4年ほど前に商品化。以来、「蒸れずに爽やか」「ソフトで肌に優しい」「体全体の負担が和らぎ、気持ちも明るくなる」など、利用者の方から有難いお声を頂戴しています。今回のロットの糸は工場に送る前にモーツァルトの音楽を聴かせています。非科学的ですが、せっかくの「生糸」製品ですので、「音楽を聴かせた林檎」にならって。少しでも心地よさが増しますように。。

IMG_5864.jpg


02.jpg






posted by silkmilk at 20:31| シルクミルクからのお知らせ

2016年08月07日

2年連続トリプルスリー&四冠王

去年のセリーグチャンピオンとは思えないような低迷ぶり。それでもチケット完売で場内が満員となるのは、この人のおかげでしょう。スワローズのスーパースター山田哲人。長いプロ野球史上で誰も達成したことがない2年連続トリプルスリー、そして四冠王も視野に入ってきました。今日もレフトスタンドにホームラン!ドタフト1位でハンカチ王子を取らないで本当に良かった!!(山田は斎藤の外れ1位)

IMG_5845.jpg


IMG_5850.jpg


IMG_5853.jpg






posted by silkmilk at 20:23| 雨上がりの日記/社長ブログ

Paul Smith展


Burberryを失った三陽商会は今季の決算予想を2億円の黒字から95億円の赤字に大幅に引き下げたそうです。一方、ブランドマーケティングが巧みで繊維部門が好調な伊藤忠は連結純利益で三菱商事を抜き商社トップに。その伊藤忠がマスターライセンシーとなり、30年ほど前からがっちり手を組んでいるのがPaul Smith。今日は麻布でランチの後、上野の森美術館のPaul Smith展を観に来ました。Paulが自転車乗りだったこともここの服を着始めるきっかけでしたが、「少し控えめの遊び心」この微妙な塩梅が大好きです。会期中、東京会場ではもれなくオリジナルイアホンがもらえます。


IMG_5812.jpg


IMG_5818.jpg


IMG_5823.jpg


IMG_5824.jpg


IMG_5833.jpg





posted by silkmilk at 20:13| 雨上がりの日記/社長ブログ

「いちのや」のうな重


天保3年から二世紀近く続いている川越の老舗「いちのや」の西麻布店を訪問。個人的に一番と評価している古河の和田屋のうな重同様、皮が薄くて身がほっこり、薄めのタレも好みの味でした。でもお値段な結構な金額。場所柄、仕方のないところなのでしょうが・・・。ところで、うなぎの名前の由来で「う」が長くなった形に似ているからという説がありますが、これは誤りで、うなぎの胸が黄色く「胸黄」がうなぎに転化したというのが正解だそうです。


IMG_5808.jpg


IMG_5798.jpg


IMG_5805.jpg





posted by silkmilk at 13:01| 雨上がりの日記/社長ブログ

2016年08月05日

「BABY-G」の季節に

シルク製品のお客様向けの謝礼品として制作中のオリジナルCD。マスタリング前のミックス音源が完成。並行して歌詞カードが出来上がってきました。年初から始めたこのプロジェクトですが、あるライブ会場で偶然出会った大手レーベルの元プロデューサーの方のお力添えもいただくなど、様々な分野の腕利きの方々の技術に支えられて、ここまで辿り着けました。夏の歌の歌詞に出てくる「BABY-G」。(CDは非売品ですが、念のためカシオに使用許諾を取りました。)原宿駅のこの看板が出ているうちに完成するよう、もうひと頑張りです。

DSCF6518.jpg


IMG_5690.jpg






posted by silkmilk at 20:35| ルーム「月の203号室」

シルクミルクで、みずみずしい美肌と免疫力を! まゆ玉・ラクトフェリン… 天然素材のうれしいチカラ!Copyright SILKBRAINS All Rights Reserved. 特定商取引法に基づく記載 | 個人情報保護方針 | サイトマップ